喫煙者は飲みにも行けない?

今、タバコに対してかなり風当たりが強くなっていますね。今後オリンピック開催に向けて、公共施設では既に始まっている禁煙の波が、飲食店にまでひろがってくるようなニュースがありました。

 

 

これは厚生労働省が推進しているようで、多くの反発がありながらも、先進国などでは当たり前のように行われていることですので、日本でも早い段階で取り入れられそうですね。私はタバコを吸わないので正直ありがたい方なのですが、アルバイトとして働いている居酒屋では結構問題となりそうです。

 

 

居酒屋では酒とタバコは当たり前ですので、もしもタバコが吸えなくなるのであれば、もしかしたらお客さんが減ってしまうかもしれません。

 

 

店長もこの禁煙のニュースを気にしているようで、しきりにうちはやっていけるのかと不安を漏らしていました。

 

まあ、よくよく考えれば、確かにタバコは吸っている人だけに影響があるのではなく、周りにいる人に対して大きな影響が出ることが分かっていますし、たとえ煙が届いていないように見えたり、匂いがしなくても細かい粒子はかなりの広範囲に広がっているそうですので、受動喫煙の悪影響を考えるとしかたがないことかもしれません。

 

 

 

アルバイトで言っている居酒屋でももちろんタバコは多くの人が吸っているため、自分もかなり受動喫煙をしてしまっていることでしょう。タバコの影響はやはりいいものは基本的になく、体にとって害があると証明されているので、今回の飲食店でも禁煙も致し方がないのでしょうね。

 

 

 

おそろしいのはこれに違反すると飲酒運転のように罰金が科せられると言うことです。あくまでも案なのでしょうが、罰則がつくとなると喫煙する人もかなり減るかも知れませんね。

 

 

アルバイトとしていっている店の経営が傾かれても困るのですが、国がそういった方向へ進んでいくのであればそれにならうしかないのでしょうね。

 

 

海外では飲食店・公共施設での禁煙は当然のようになっていますし、それでお店が潰れたなんてニュースもないので、案外やっていけるかもしれないのですが、今後もこのニュースの動向がきになります。